2012年4月28日土曜日

氷菓 第1話 Part.2



無駄なことはしない省エネ人間の男の子が、好奇心旺盛な女の子と突然部室で出会い楽しい高校生活が始まるというアニメ。
OPから察するに登場人物は今後1人増えて、計4人になるんでしょうか(ホームページを見ながら)。

  古典部入部
 省エネ君が姉からの頼み(命令)で古典部に入部しようと思ったら、部室には美少女が黄昏れていた。
  










  女郎蜘蛛の話
 そういえば、「わすれな草(アニメミライ作品)」もそうでしたね。あれもおもしろかった。
ここで言う「蜘蛛」は千反田さんのことなんでしょうね。
 欠員2人→千反田と奉太郎のことなんでしょうか。


 ・ 音楽室の謎
  回想シーンでは、絵柄を変えて「回想」だと一目で分かるようにしてます。あの夏でも、「妄想シーン」の背景色を誰が妄想してるかで変えてましたね。 


 ・ 光
  省エネであることから、背景の人と比べてかなり暗くなっています。
 基本夕暮れの室内が舞台ということもあるので、全体的に暗め。
 











あと気になったのは文字。原作が小説だからか文字を使った演出がはっきり出てました。演出だけで無くちょっとした背景にもしっかりと文字が書き込まれていたのが作画の良さを云々。
  















0 件のコメント:

コメントを投稿